スポンサードリンク

DIGIDOGHEADLOCK |THE MAD CAPSULE MARKETS

DIGIDOGHEADLOCKDIGIDOGHEADLOCK
THE MAD CAPSULE MARKETS
ビクターエンタテインメント
発売日 1997-09-26
定価:¥3,045(税込)
価格:¥2,893(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




マッドのターニングポイント的一枚 2005-05-31
4人編成の異質ロックバンド的マッドから3人編成のDHCバンドとして進化、あるいは変性した、彼らのターニングポイントと呼べる一枚。このアルバム発売当初、日本ではここまで完成度の高いデジコアはなかったのではないだろうか。
一曲目のCrash powから衝撃的な変貌を遂げているこのアルバムは、サンプリング、ブレイクビーツなど、暗黒の皇帝「アレック・エンパイア」や「アタリ・ティーンエイジド・ライオット」の影響を大きく受けた印象のある雰囲気である。(実際シングルのミックス版はアレックが担当しているが…)また、それまでも存在感を大きく主張していたベースも、メタルゾーンを通してのメインリズムを担い、マッドのヘヴィな音作りを中核から担うようになった。基本的にVo.、Bass、Dr.の3ピースバンドでありながらも、重厚な曲を過不足無く演奏しきっている。余分な要素は何一つ足さずに必要最低限の要素で完成度の高い曲目が多いのもこのアルバムならでは。
初めてデジコアを聴くものにもわかりやすく、そして必要なモノが濃縮されているため、非常にオススメである。それでいて、聴き込むにも飽きの来ないのがこのアルバムである。このアルバムを欠いてはマッドの歴史を語ることは不可能であろう。

なんで評価が低いのか? 2004-02-07
ベスト盤的内容だった「THE MAD CAPSULE MARKET'S」を最後に
ギターの石垣愛が脱退。
3人になってはじめてのアルバム。
そして、デジタル導入も初。
「SYSTEMATIC」でたときはかなりの衝撃でした。
ハードコア、ラウドロックに高速ドラムンなんて誰も考え付かなかった。ATARI TEENAGE RIOTと手法は似ているけど、マッドはあくまで生が基本にあったし、ほんと唯一無二でした。
それと「SYSTEMATIC」のカップリングで、本作にも入ってる「ASPHALT BEACH」は名曲ですので是非。
最近はメロコア系と親しく、音もそっちよりですが(それはそれでいいけど)、このころのマッドは常に新しいサウンド、未知のサウンドにという強い意志が感じられます。
また代々木フリーライブのときみたいに「ASPHALT BEACH」をやってくれたらうれしいです。

Systematicがいい。 2003-11-13
なんと言ってもSystematic。これがいい。人によってはもっとも違和感のある曲でしょうが、短くて記号的な歌詞、単純なリフ、印象的な打ち込みサウンドが見事にマッチしていると思います。他にはWHAT!、WATER、CREATUREが特に好きです。
全体的にシンプルなので、それ故にファンによってはもっとも苦手なアルバムになると思われます。事実、発売当時それまで地道ながらも少しずつ伸びていたCDの売上(MIXISMが2万5千枚位→PARKが3万5千枚位→4PLUGSが6万5千枚位→DIDOG〜が5万枚位、今はもっと売れているでしょうが)がここで一度下がりましたからね。MIXISM発売後は当時パンクバンドとしては奇跡的(新聞他、あらゆる媒体で取り上げられたものでした)と言われた渋公公演を行ったり、PARK発売後は同じく進化の著しい時期だったブランキージェットシティーと学園祭ライブ(中央大、明治大)の共演をしたりとその存在がファン以外にも知られだすようになり(パンク色の濃い時期はカルト的な熱気に溢れていた。それが面白かった!)、またPARKが非常にポップな仕上がりだったので今後こういう音楽性でセールスを伸ばしていくのだろうと学園祭ライブの帰り道に友人と話していたものでした。ところが4PLUGS、DIGIDOG〜と攻撃的なのには発売当時驚かされました。
OSC-DIS以降からファンになった人にはとりあえずSystematicだけでも録音してみてはと言いたい。きっとこの曲の良さをわかっていくだろうから。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/11/3に作成しました。
posted by j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マッドカプセルマーケッツ 壁紙 画像
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28257130

この記事へのトラックバック
j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。