スポンサードリンク

朔-saku- |Dir en grey

朔-saku-朔-saku-
Dir en grey
フリーウィル
発売日 2004-07-14
価格:¥1,260(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




うん。いいね 2006-11-10
ディル定番のシャウトの連続の後,サビはポップっぽくなる・・という構成の代表曲。

ディル聴き始めた頃はこの構成がすきでよく聴いてたけど,アルバムに触れたら良くも悪くもこの曲は大した事ないというのに気付いた。シングルと同等,それを超える曲たちで構成されたアルバム・・。それがどれほどの意味か。



これが好きなら同じ構成の脈もお勧めです。

天才 2006-07-19
個人的には京が天才ヴォーカルであることが分かった曲です。激しいシャウトから超ハイトーンヴォイスそして美しいファルセットを完璧に歌い上げる彼に鳥肌が立ちました。短いながらも魅力的な曲です。

CRAZY! 2006-05-04
お聞きになられればおわかりになると思いますが、表題曲の「朔」は2曲目で、1曲目は爽快なディル流ロックンロールナンバー「Machiavellism」です。だけど、確かに「朔」を2曲目にもってきててよかったと思います。しょっぱなから「朔」は、非常に心臓に悪いですから・・(苦笑)。ですが、その完成度は凄まじいの一言。メロは叫び、サビで華麗に歌うという「脈」から始まった独自のスタイルがより進化を遂げて、よりヘヴィになってその姿を表しました。その激しさといったら、まさに圧倒的です!こんな曲、彼ら以外には作れません!「Machiavellism」も、非常にノリのいいロックンロールですが、ここでも彼らの溢れんばかりにオリジナリティーがソリッドに表現されています。3曲目にはライブのオープニングでおなじみの「G.D.S」が収録されてます。これを聞くと、嫌でもテンションが上がります!(噂によると、リハの時のを収録しているらしい・・。)非常に激しいものばかりなので、一回聞いて狂っちゃって下さい!

変化と進化 2005-01-13
Machavellismを1曲目に持ってきた理由は「単なるカップリングにしたくないから」とのこと。
確かに今までに無いタイプの楽曲で、「カッコいい」というより「面白い」という言葉が似合いそうな印象を受けました。
『6 Ugly』をリリースした頃から、音楽性を変え続けてきたDir en greyですが、この曲で更なる変化を見せてくれます。
タイトル曲の朔はとにかく圧倒的です。
いきなり激しいシャウトから始まり、不気味な雰囲気を漂わせるAメロ・とにかく叫びつづけるBメロ・一転してメロディを強調したサビ。
サウンドは非常に重く、『6 Ugly』以降の流れをしっかりと受け継いでいます。
G.D.Sはライブのオープニングで使われていた曲で、音源化が待ち望まれていました。
ただ、個人的には「オマケ」はいらなかったかなと、思います。
マイベストを作る時に「G.D.S〜朔」のような流れを組ませたい場合、いちいち編集しないといけないのが面倒です。

圧倒的! 2004-12-17
この一枚によってディルはさらに進んでいった気がします。
「Machiavellism」では爆発的ともいえるアルバム「VULGAR」のスタイルを継承しつつ、
新たなカッコよさを求めてそれを突き詰めていった感じがしました。
そして「朔-saku-」ではヴォーカルの声域の広さにただただ圧倒されるばかりでした。
切ないまでの裏声、たたみかけるような高音域。
今までとは一線を画する歌唱表現に、
歌詞だけでは表せない胸に響くものを感じました。
研ぎ澄まされたような――言葉を選ばずに言ってしまえば鋭利な刃物の感すら漂う曲調に、
彼ららしさを感じさせる独特のメロディーが、そうさせるのでしょうか?
兎にも角にも、こうしている間にも彼らは進化を、続けている。
洋楽を意識した、彼らの進む先に何があるのか。
そう期待させる彼らの新機軸。
これから先が本当に楽しみです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/11/15に作成しました。
posted by j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディルアングレイ 視聴無料試聴掲示板
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。