スポンサードリンク

Agitated Screams of Maggots(紙ジャケット仕様)(初回生産限定盤) |Dir en grey

Agitated Screams of Maggots(紙ジャケット仕様)(初回生産限定盤)
Dir en grey
フリーウィル
発売日 2006-11-15
価格:¥1,260(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★




すばらしい 2006-11-14
まず何が素晴らしいってアレンジの凝り具合。この手の曲でここまで聞き手を飽きさせないアレンジに尊敬すらしてしまいます。破壊神のごとく突き進むスピードの中にスリリングな展開を入れてあり。まさにスリル感満点だ。そして次に素晴らしいのが音質の向上だ。これまで(six ugly以降から)のDirの曲はヘヴィロックな音楽の割りには楽器隊の低音が少し物足りなかった。clever sleazoidあたりから徐々に低音が効く様になって来たがそれでもまだ物足りなさは拭えなかった。しかし今回、このAgitated Screams of Maggotsは見事に成し得た様に感じた(欲を言えばあともう少し!)バスドラの粒も揃いつつ力強い。ギターもリフがすごく重く、聞こえやすくなった。

京のヴォイスは相変わらず最高だ。ライブでの表現力に期待したい。このCD音源に関しては星5つでは足りないぐらいだ。ベースはこれまでも実に最高だったので特になし。

いろいろ問題もありましたが… 2006-11-13
今回のジャケットを巡り、ソニー側が不特定多数の人の目に触れる可能性が高く不快感を与えてはいけないのでジャケットの変更を要求したようです。

事務所側はメンバーの意向を最優先したらしいですが…。

ちなみにオフィシャルサイトで公開されているジャケットは規制後のもの。

デザインは武蔵野美術大学・映画学科の教授でイラストレーター黒坂圭太がデザイン。

コンセプトは全てことに対しての「怒り」と「破壊」。

早く発売してくれー 2006-11-05
今の段階ではまだ視聴しか出来ておらず、クレバーと同じような曲と言った印象しかないが、彼らが前の前に出したのと同じような曲を出すなんて考えられない。

きっと構成、詩、に工夫が施されており、またファンを唸らせることであろう。



そして、この曲、クレバー、凌辱の雨、この三枚のシングルを含むニューアルバムは彼らの最高傑作、つまり邦楽界の最高傑作になることは言うまでもない事実である。



早く「最狂」なるシングルで我々を唸らせてくれ!!京!

世界に灰色の銀貨たち在り! 2006-10-09
幕張でのロックフェスの参戦も決定したしdir en greyから目が離せないね。

今までから考えて最狂ってどのくらいなんだろ〜と楽しみで仕方ないところですが

個人的に蜉蝣が解散ということを聞いたのでテンション高高高から中ぐらいになってしまいましたよ

でもとにかく即買いですよね〜♪

最狂の曲 2006-10-01
前作"凌辱の雨"発売から約3ヶ月

来年のアルバム発売を前にシングル発売が決定された



Dir en greyのギタリスト薫曰く「Dir en grey史上最狂の曲」となるそうだ

アルバムWithering to death以来ハードコアバンドとして進化し続けてきたDir en grey

今度はどのような狂った曲で我々を魅了してくれるのか楽しみである


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/11/15に作成しました。
posted by j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディルアングレイ 視聴無料試聴掲示板
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29404722

この記事へのトラックバック
j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。