スポンサードリンク

Six/NiNe (デジタル・リマスター盤)(初回限定盤) |BUCK-TICK

Six/NiNe (デジタル・リマスター盤)(初回限定盤)Six/NiNe (デジタル・リマスター盤)(初回限定盤)
BUCK-TICK
ビクターエンタテインメント
発売日 2002-09-19
定価:¥2,415(税込)
価格:¥2,294(税込)
発送可能時期:通常1〜2週間以内に発送
オススメ度:★★★★




最高傑作のひとつ 2006-10-03
buck-tickにはポップで爽快だったり耽美的だったり色々な一面がある。

ヘビーで攻撃的な面であればこのアルバムが最高傑作だと思う。

ちょっと聴いてダメな人は受け入れられないだろうし、ハマる人はハマる。

最初から最後まで全力で作ってる気がする。捨て曲も無い。

最初と最後の短いイントロ&アウトロを含めて完璧な作品と言う気がする。

ドラムはツェッペリンのボンゾ並に叩きまくり、かと思えば次の曲は打ち込みだったり。

ボーカルは静かにつぶやいてたかと思えば狂ったようにわめきちらしたり、かなりアバンギャルド。

シタールやサンプリングやノイズ等実験的な音作りをしているけどトータルな世界観が確固としてある。

『鼓動』なんかはビートルズみたいな甘いメロディがノイズ&轟音ですごい事になってる。でもそれが例えばMy Bloody Valentineなんかのマネじゃ無くオリジナルな音になっている。

初期buck-tickはバウハウスとか海外のゴシックバンドのモノマネみたいな所があったけど、なんかこの辺りから世界のどこにも無い音学性を確立し始めたと思う。

圧倒的スケール 2006-04-18
これを聴いたのは10年前で当時、衝撃を受けたのを覚えている。櫻井さんの歌い方が曲によって違うし、重いギターリフがアルバム全体を支配し、独自の世界観を漂わせている。かなり、マニアックだけど間違いなく大作であり名作です。個人的には「ラブレター」「見えないものを〜」が好きです。これを聴いたら他の邦楽バンドがショボく聞こえてしまう。

BUCK-TICKの最高傑作だぜぃ♪ 2006-02-14
大好きなアルバムです。勝手な想像ですが、一番楽しく作られたんじゃないですか?

櫻井敦司の素敵な朗読で始まる今作は英詩あり、宗教あり、ドロドロ、ランラン、グルグル、ランラン、エロ、ロック、豚、太鼓、密室バラード、ギンギン、『こっちだぁー!!』と、一見気持ち悪そうなアルバムなんだけど、なんか奥の方が光ってる感じなんです。キャッチーな曲も多いし、興味がある人は是非♪当時ミュージックステーションに出演して櫻井敦司はタモリさんに『相変わらず鋭い(容姿が?)ですね。』って言われてたのがとても印象的でした。ちなみに今作は全曲PVがあるのだ!ガツン系ですマジ!音がめちゃく  

「唄」めちゃかっこいいから!暗闇でガツン!

カラオケはそーとーむずかしかったし、みんな知らなくてアーアアーアーアー♪

このてのヘビーロックはなかなかないよ。出会ったあなたはラッキーですよ!

8cmシングルって並べる所なくて困るかもしれないけど俺はもってるよ!

ちなみにプロモも激かっこいいんで気に入ったら見てみてください。

混迷期の一枚 2006-01-22
先行シングル「唄」「鼓動」を含むアルバム。 

前作「darker than darkness」で全開になった実験的な方法論を

推し進め、櫻井敦司のデカダンな世界がより強固になっている。

「君のヴァニラ」などの名曲もあるが、全17曲のバラエティーが

富みすぎており、アルバム全体の焦点がぼけている印象もある。



BUCK-TICKを初めて聴くという方にはちょっと難解に映るか、

すごくはまるかの、どちらかだと思います。





大作の一品だー! 2003-11-30
これぞバクチクって感じのアルバム!!他を寄せ付けないこの存在感。
そこらのチャラチャラしてるだけのバンドなんかとは次元が違って、絶対にマネをすることの出来ないアルバム。
俺がこのアルバムの曲を聴いたのが高校生のときだったが、ものすごい衝撃を受けたことを覚えている。はたしてこれからこのアルバムを超えるような大作が現れるのかって思うほどだった。その思いは6年たった今でも変わらない。それほど強烈で刺激的なアルバムで、初めて聴いたときはその大きな存在感から驚いて、聴いてて訳がわからなくその世界観に浸ってしまった。
少し難解なアルバムかもしれないけど、ロックが好きな人は絶対ハマるアルバム!


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/10/21に作成しました。
posted by j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バクチク 動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29591389

この記事へのトラックバック
j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。