スポンサードリンク

Mona Lisa OVERDRIVE |BUCK-TICK

Mona Lisa OVERDRIVEMona Lisa OVERDRIVE
BUCK-TICK
BMG JAPAN
発売日 2003-02-13
定価:¥3,059(税込)
価格:¥2,905(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★


???一貫したロックを発信し続けるBUCK-TICKの攻撃的かつポップな15th作品。前作『極東I LOVE YOU』の流れを汲みつつのオープニングから、いきなり突き上げてくる焦燥感とそれに対する憤りのようなサウンドを展開。カオス渦巻くスピリチュアルなロックといったところでもあるが、欠けていた何かを埋めようとする、渇望したファンにとってはグッ染み入る快作と言えよう。(春野丸緒)

大人のロック 2006-09-02
このアルバムでは今井さんの作詞とボーカルが多いですね。歌が上手いわけではありませんが、個人的には今井さんのボーカルは結構好きです。今井さんのセンスが爆発してて、最高にカッコいいアルバムです。そこら辺のバンドとは、わけが違います。大人のロックが好きな方には、自信を持ってオススメできます。

激震!! 2006-08-11
今まで、かなり多彩なジャンルに挑戦してきた今井氏ですが、このアルバムでは、テクノ・ハウス路線の強い打ち込み型アップビートで重厚なドラム音の曲が多く(ライブでは、ちゃんとアニィが叩いてますよ〜。)一見するとそっち方面に決めたのかと思うほど、様々な音源が起用されていますが、その中にも今井氏独特のノイズが入って来たり、なにしろリズムパートが彼ららしいので、それほどBUCK-TICKのイメージからかけ離れたものではない作品です。

特に印象的な一曲目の「ナカユビ」は、前作「極東I LOVE YOU」との関連性を持たせ、さらに激しいシャウトやヴォーカルクロスが頭に残り、歌詞も短く覚えやすいので、ライブでの演奏は客とステージとの一体感を持たせるのに充分なほど、巧妙に創られている作品です。おそらくこの曲は、何年経ってもライブステージで演奏されること受け合いです。

その他は、結構全曲通してメロディーに統一感がありすぎて、目立つ曲は先ほどの「ナカユビ」のみで、惜しい感じがしますね。あえてそうした面も否めませんが、やはりリスナーとしては、一曲一曲それぞれのポジションが、きっちり固まっている方が聞き易く、また受け入れやすいのではないか・・・つまり、作り手の思惑と、聞き手の期待が唯一ズレてしまった一枚。ということで星4つです。

このアルバムの中でただ一曲PV化された「残骸」は、2006年に発売された、シングルベストPV(DVD)の中でも、いまいち印象が薄く、パンチも弱い気がします。ベストPVの中で何度も見たいと思うのは、他の曲ばかりです・・・私事ですが。

今井寿の才能爆発!! 2006-02-08
今井寿色が濃く反映したBUCK-TICKの傑作!今井寿といえば、

「サイバーパンクとハードコアパンク」と個人的には思うの

ですが、近作にはその二つがうまく楽曲化されています。



一曲目からスターリンのコピーバンドをやっていたBUCK-TICKの

原点回帰とも思えるハードコアな曲で幕を開け、アグレッシブで

アップテンポな曲が続く。遠藤ミチロウの歌詞をサンプリング

した「SID VICIOUS ON THE BEACH(←凄いタイトル!!!)」や

歌詞の中に昔の曲タイトルを引用した「LIMBO」など往年の

BUCK-TICKファンにも嬉しい作品。

今回は激しさ満点 2003-11-30
今回のアルバムは全体的に激しい曲が目立ってるよ!
しかも、今井寿(ギター)が一曲丸ごと歌ってるよ!Six/Nineの「相変わらずの「アレ」のカタマリがのさばる反吐の底の吹き溜まり」以来じゃないかな、こんなにフルで歌ってるの。いつも歌うときは櫻井敦司(ヴォーカル)と一緒に歌ってたのに・・・。しっかしもうデビューして16年たつのにバンドメンバーも変わらず、独自の個性を強く出しながら、未だに多くのファンがいて続いているバンドって他にないよね。Xジャパンも俺が初めてシングルCDを買ったらすぐに解散したし、ルナシーだって初めてアルバム買ったら解散しやがった!ちょっとはファンのこと考えろよって感じだよ!BUCK−TICKはそんなことなくこれからもずっと続けてくれることだろうと思う。たのむよー!

キタ−!!(′▽`) 2003-08-11
最近のB-Tには自分的に普通ぐらいデシタ。
しかし!これ良いじゃないですか!もっと早く買っとくんやった!!
S/N以来の衝撃感。
でも今井ちゃんフルで歌っちゃったのね・・・。
今井ちゃんの詞(曲もだけど)は尊敬してます。
それに比べここ近年のあっちゃんの詞は好きじゃないですね。
というかどうなんやろ・・・って思います。
今井ちゃんには歌ではなく詞の方を乗っ取ってほしいと思う今日このごろです。
ぁ、でも個人的な意見なのであまり気にしないで下さいね。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/10/21に作成しました。
posted by j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バクチク 動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29591400

この記事へのトラックバック
j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。