スポンサードリンク

MUSIC |中島美嘉

MUSICMUSIC
中島美嘉
ソニーミュージックエンタテインメント
発売日 2005-03-09
定価:¥3,059(税込)
価格:¥2,905(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★


「SEVEN」「火の鳥」「朧月夜」「LEGEND」「桜色舞うころ」というヒットシングルを収録したサード・アルバム。五島良子、根岸孝旨、森俊之、松本良喜、小西康晴、島健、CHOKKAKUなど、日本の音楽シーンを代表するクリエイターがズラリと顔を揃えた本作は、まず、楽曲のクオリティの高さに驚かされる。ジャズ、ヘヴィ・ロック、ブルース、パンク。あらゆるジャンルを軽々と越えながら、新しいポップ・ミュージックのカタチを提示することに成功した、実験性と大衆性を兼ね備えた作品と言えるだろう。もちろん、いろいろなタイプの楽曲を見事に表現する中島美嘉のヴォーカルも、素晴らしい。(森 朋之)

もっと文字数が欲しい 2006-12-01
このアルバム…そのタイトル通り沢山のMUSICに対する挑戦が見受けられます。

楽曲の完成度も非常に高く、中島さんの歌唱力が更にあがって曲を吸収しているのが

分かります。正直全て感想を書きたいのですがおそらく書ききれないと思う…。

なので無理矢理まとめようとしていますが、このアルバムは聴いて損はありません。



ジャンルというものにとらわれずシングルという定義を捨ててファンを裏切ってくれる彼女。

こんな人が、この人を支える人達が曲を作ってくれて良かったと思います。

新しい曲を切り開いて行けるのは歌手と曲を作る人達しかいないのですから。

非常に楽曲の作り自体が濃い曲も収録されているので(4,8曲目など)

ストレートすぎる王道のポップスにマンネリを感じる方にも聴いて欲しいと思います。



とはいえ中島さんはこれからもっと上手くなる人だと信じています。

これまでの経緯を見ているとそう思えます。音楽への取り組み方も大好きです。

今いる位置も過ぎていく過程の一つと思ってまた聴いていきたいと思います。

まだやっぱり早いかなという曲(11曲目かな)もありますが、イメージの問題かな?

彼女自体歌唱力があがるということを前提にすれば、未来にまた歌って欲しいなぁ。

おすすめはほとんどですが、個人的には3,4,7,8,12,13です。

シングル曲も大好きなのですが、内容として自分に合うものと、挑戦を買えるもの、

作りの濃いものなどをあげてみました。



売り上げ重視の音楽業界を跳び越して、これからもマイペースに頑張って欲しいな♪


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/12/14に作成しました。
posted by j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中島美嘉(なかしまみか)  視聴歌詞画像掲示板
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29642041

この記事へのトラックバック
j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。