スポンサードリンク

A LOCUS OF PENICILLIN VOL.2 |PENICILLIN

A LOCUS OF PENICILLIN VOL.2A LOCUS OF PENICILLIN VOL.2
PENICILLIN
イーストウエスト・ジャパン
発売日 1999-05-12


1992年2月14日、東海大学のバンドサークルにて結成。インディーズ時代から人気を誇り、ライブでは失神者が続出。インディーズながらもレコード会社3社(徳間ジャパン、日本クラウン、VAP) から同時にCDを発表する。1996年メジャーデビュー。メジャー初の武道館公演直後、ソロ活動を発表してファンを驚かせた。ルックスとは裏腹に、ギャグあり被り物ありと、オールマイティなキャラクターを持つ異色バンド。
1998年頃からいわゆるヴィジュアルバンドブームの波に乗ってその人気は最高潮に。

アニメ「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」のオープニングテーマ『ロマンス』で90万枚(自己最高)を売上げブレイク。メディアへの露出は減ったが、主に首都圏でのライブを精力的に展開。未だソロ活動も活発ながら、バンドとしても息が長く根強い人気を誇る。
インディーズ時代からずっとティアーズ音楽事務所に所属していたが、2002年に個人事務所HUMAN DOLLを設立した。
事務所設立後のソロ活動は、各メンバー別々の事務所に所属している。
バンド名の由来は「メンバーが体調を崩し、病院で貰ってきた薬にペニシリンがあった」「音楽でペニシリンのように人を癒す存在を目指す」など多くの説が存在し、
どの説が本当なのかは不明である。

余談だが10thシングルは、バンド名のアナグラムになっている(PENICILLIN→『NICE IN LIP+L』)。
ちなみに、『NICE IN LIP+L』の仮タイトルは『白い恋人』であった。25thシングル『hyper chord / hyper kids 〜東海大学物語〜』内の「hyper kids 〜東海大学物語〜」では、4人が東海大学の学生だったときの珍エピソードをそのまま歌詞にしている(作詞はHAKUEI)。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペニシリン 歌詞画像試聴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33463265

この記事へのトラックバック
j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。