スポンサードリンク

スガシカオ歌詞 Real Face (通常盤) |KAT-TUN

Real Face (通常盤)Real Face (通常盤)
KAT-TUN
J-One Records
発売日 2006-03-21



GLORIAの素晴らしさ 2007-03-14
1.「Real Face」が主な見所?聴き所?それは待ったが入りますよ。



もうファンなら気付く

2.「GLORIA」の素晴らしさ

このシングルでアレンジ加わって、より反ロック体勢、ぴったりのダンスナンバーというべきか。
楽曲としても、もう素晴らしいとしかいえないでしょうね。




KAT-TUNの楽曲の中で1番、といっても誰も文句は言えない、そんな曲。



もう凄いから!この曲でシングル盤をリリースしていても失敗はしなかったはずと本気で思う。

決してReal Faceが駄目なわけじゃありませんが、GLORIAがあまりに素晴らしいから。

デビュー曲としてはgood 2006-11-17
普段あまり聴くタイプのグループではないのですが、縁あってこのグループは以前から聴いています。評価が低いままなのが気になって書かせてもらいました。

デビュー前のKAT-TUNの曲はポップな曲が主だったので、今回のデビュー曲はロックテイストなポップチューンということで今までとちょっと違う感じがする曲だと思いますが、私はなかなか良いと思いました。売り方や人気アーティストを作詞作曲に迎えたことにはちょっと戸惑いがありますが、歌詞などはスガさんらしさはあまりないものの、KAT-TUNらしい曲を作るためかなりの時間を注ぎ込んだと本人も言っているように、とても彼ららしいものになっていると思います。

以前の曲を知っている人は聴き始めに多少違和感を感じるかもしれませんが、聴いていくうちに彼ら以外にありえないと思えるほどKAT-TUNの曲になっていきます。

デビュー曲としてはとても勢いがあってキャッチーで良い出来だと思います。
スガシカオ(すが しかお、本名:菅 止戈男(読みは同じ)、1966年7月28日 - )は、東京都渋谷区出身のシンガーソングライター。
一人っ子。身長171cm体重57kg。

* 二浪を経て、東京経済大学経済学部卒業後、制作会社での4年間のサラリーマン生活を経て、1997年に『ヒットチャートをかけぬけろ』で30歳にしてメジャーデビュー。以後、ラジオ局のヘビーローテーション、音楽専門誌を中心に、業界の注目を集める。ファンクやソウルミュージックをバックボーンとしたサウンドメイキングと、男心を赤裸々に書いてリアルに言葉が迫ってくる歌詞が特徴。ちなみにサラリーマン時代は、非常に仕事のできる係長であった。クリエイティブな職業の為楽しくやっていたが、ミュージシャンを目指すため退社を決意した際、上司から「昇進させるから辞めないでくれ」と説得された。給与規定を見たところ課長になっても給料は月700円上がるだけであり自分の価値はそんなものかと思い辞めたらしい。

* 歌手として軌道に乗るまでは経済的に窮迫し、「(家におかずになるもの、味のするものが何もなく)1度だけご飯に胃薬をかけて食べた」と『プロフェッショナル 仕事の流儀』でのインタビューや『Music Lovers』で告白している。その後4年くらいひっきりなしに仕事が来て、合間に作った2ndアルバム『FAMILY』で高い評価を得る。

スガシカオ歌詞画像動画


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スガシカオ歌詞画像動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36836876

この記事へのトラックバック
j-pop インディーズ アーティスト 歌詞画像視聴情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。